失った帝国の名残をオオカミの目で見て探ろう。出会う動物のどれでも取り憑って、自分の運命をあぶり出して。

まとめ

 

つい最近まで「ロスト・アンバー」の開発は請負工事で資した。
この場を借りて、今まで完成したことを紹介したいと思います。皆様のサポートで、今後このプロジェクトだけに時間をかけて、夢を叶えたいと思います。

キックスタートを使って、インデペンテントなままでゲームの開発に必要なお金を集めることを目標にしています。
キックスタートを知らない場合: ゲームの様々なバージョンを購入いただけます。資金の目標に辿り着いたら、ゲームは開発し、購入していただいた物すべてリリースされます。

もっと詳しく知りたい方、こちらまで

ゲームについて

「ロスト・アンバー」では、オオカミの姿で世の中から消えた文明の秘密を探し出せます。どの動物にも取り憑くことができる力で、「マチュ・キーラ」という町まで旅にでる。あの町なら、あなたの神秘的な仲間の秘密の答えも見つかるでしょう。

 

「ロスト・アンバー」2016年オフィシャル・ティーザー広告

ゲームプレイ

「ロスト・アンバー」のゲームプレイでは、ゲーム内の世界と物語を様々な目から見えることができます。選べる動物キャラクターはそれぞれの特注なポイントがあります。
海に飛び込んで、空を飛び続けて、土竜として土を掘っていけます。ヤシの姿で登山もできます。
戦い、難しすぎる謎やゲームオーバーがなく、マイペースでゲームを楽しむことができます。

仲間 / 物語

世界の終わりを目撃した「インラージ」文明の仲間はあなたの旅のガイドになります。孤独な魂として何千年も彼の使命に協力できる存在を探していました。

彼は自分の思いで、まるで過去の響、を見せる力を持っています。
ゲーム世界の様々な場所で思いでを探し出せます。

オオカミと仲間はゲーム内に友情と信頼の深い絆を作ります。

見た目の変化 / ゲームプレイ


主人公はオオカミですが、どの動物にも取り憑くことができます。「ロスト・アンバー」でなりきれる動物はパロット、魚、土竜、鷲、カピバラ、ヤシ、バッファローなど様々なチョイスがあります。「ストレッチ・ゴール」としてさらにいくつかの動物を予定しています。

動物はゲーム内の様々なエリアに棲んでいます。多くの場所に現れる動物もいますが、一つ場所にしかいない動物もいます。
「マチュ・キーラ」への旅に、オオカミとその仲間はたくさんのエリアを通って、それぞれの動植物に会います。

 

プラットフォーム

「ロスト・アンバー」はXBox One、PC とPlaystation 4で発売する予定です。ゲームの注文をキックスタートでいただく場合、リリースの時点でお好みのプラットフォームを選べます。

はい、「ロスト・アンバー」はVRでも遊べます!すでにHTC Vive と Oculus Riftで試したことがあります。とても面白いので、お楽しみに!
「ロスト・アンバー」は完全なVRゲームではありませんが、家にVRヘットセットをお持ちの方はお試しください!ゲームのどのタイミングでもVRモードに変化可能。「ロスト・アンバー」はPlaystation VRでも使えるかどうかまだ検討していますので、しばらくお待ちください。

サウンドトラック

「ロスト・アンバー」の音楽、音声は全てSolid Audioworksで働いているCraig Connor (Rockstar Northの元音楽ダイレクター) とWill Morton (Rockstar Northの元シニア・オーディオ・デザイナーとダイアログスーパーバイザー)が制作してくれます。
二人はグランド・セフト・オートシリーズ、レッド・デッド・リデンプション、L.A.ノワールなどのゲームで合わせて30年以上の経験を持っています。詳しくはホームページまで! www.solidaudioworks.com

フィードバックと広告

 

 

開発者

大学院のゲームデベロパー学部で出会ってから2年後くらいに「ムーンアイ・スタジオ」を設立しました。ゲーム制作とメディアで数年の経験を持っています。チームでの働き方は非常に良かったため、一緒にインディーズスタジオを設立すること決めました。緊張する大事な一歩ですが、 大きい会社で働くより自由に制作することが大事だと思いました。

自己紹介をいたします!左から順番に・・・

Pascal Müller - Programming - @RichAndBit
パスカル・ミューラー – プログラミング 

Tobias Graff - Programming@tobiasgrf
トビアス・グラフ- プログラミング 

Florens Huhn - Narrative Designer - @FlorensWho
フロレンス・フーン – ナラティブ・デザイナー 

Matthias Oberprieler- 3D Artist - @MOberprieler
マティーアス・オーバプリーラ- 3Dアーティスト 

Maximilian Jasionowski- Art Direction@M_Jasionowski
マクシミリアン・ヤジオノヴィスキ – アートディレクション 

 

 

ご褒美

私たちのキャンペーンを応援してくださるお礼に、たくさん面白いグッズを考えました。それぞれのアイテムは以下にイラスト化されています。

ゲームのデジタル版
デジタルダウンロード

当然なことですが、リリースに合わせてゲームをもらえます!PC、XBox One 、または PS4を選べます。

エンドロールでのお礼。

「ロスト・アンバー」のエンドロールでお名前を出して、感謝の気持ちを伝います。

ゲームのデジタル版
ゲームのデジタル版、またはエンドロールでのお礼も含んでいます。

デジタル・サウンドトラック
デジタルダウンロード

「ロスト・アンバー」のサウンドトラック。音楽、音声はグランド・セフト・オート・シリーズなどを担当していたCraig Conner(音楽ダイレクター)とRockstar Northの元シニア・オーディオ・デザイナーとダイアログスーパーバイザーのWill Mortonが作ってくれます。

キックスタート限定のオオカミ・スキン

主人公用に3つのスキンから選べます。オリジナル・スキンはキックスタート限定となります!キャンペーン後にスキンを変えるオプションはありません。

デジタル・アートブック

最初の段階から完成版までのコンセプトアートをデジタル・アートブックとして差し上げます。デザインの説明、または制作の裏を覗き見できます!

限定のデジタル4K壁紙

キックスタートの応援者だけが限定のハイレソリューションの壁紙をもらえます!

デジタル・マップ

ゲーム内の世界のデジタル・マップです。広い草地から無くなった町の「マチュ・キーラ」まで、様々なエリアが入っています。

デジタルプラス
ゲームのデジタル版と以前にご紹介した内容も含んでいます。

限定版のアートブック

ハードカバーとして印刷したアートブックになります。ぜひ自分の本棚に追加してください!

物的なアートブック版
以前に紹介したデジタルプラスの物と物的なアートブックも含んでいます。

ビニールLPのサウンドトラック

ちょっと特別なものを欲しい気分?サウンドトラックは12インチのビニールLPとして出します!

べた・アクセス・キー

「ロスト・アンバー」のべた版にアクセスできる上、フィードバックでゲームをもっと成長させます!

印刷されたマップ

ゲーム世界のポスターで自分の「マチュ・キーラ」への旅を追いかけましょう!

戦没者になれ

実際のゲームに入るチャンスです!戦没者へのメモリアルにあなたの名前が入ります。どのプレイヤーでもゲーム内に見つけれる場所です。

限定の伝説な動物

ゲーム世界にとても珍しい伝説な動物も存在しています。どのプレイヤーでも伝説な動物を見つかることはできますが、キックスタート限定でさらに3匹の動物がいます!

キックスタート限定のデラックス・オオカミ・スキン

キックスタート限定で6つのデラックス・オオカミ・スキンを差し上げます!主人公のオオカミをカスタマイズしましょう!

探検者版
物的なアートブックと以前に紹介した内容を全て含んでいます。

限定ボックス

「ロスト・アンバー」の限定ボックスはゲームのデジタル版のアクセス・キーが入っています。さらにサウンドトラックのCDと3枚のハイクォリティー・ポストカードを差し上げます。

手作りのオオカミ像

www.allerleiunfug.deのイザベルさんが手作りで作ったオオカミ像です。「ロスト・アンバー」の主人公は18センチくらいの高さで、樹脂からできています。

ポスター

素晴らしいデザインのA2 (420 x 594 mm か 16.5 x 23.4 インチ)サイズしたポスターです。

サイン入りポスター

普通のポスターの追加にチームの全員がサインしたポスターももらえます!

アルファ・アクセス・キー

「ロスト・アンバー」を一番最初に楽しめる人の一人になれます!アルファ・アクセス・キーを使って、アイディアやフィードバックでよりいいゲーム作りましょう!

ゴルド版
探検者版と以前にご紹介した内容のすべてを含んでいます。

2枚のリリースパーティーVIPチケット

「ロスト・アンバー」のリリースパーティー用のチケットを2枚差し上げます。パーティーは私たちの地元、ドイツのハンブルグでする予定です。恐れ入りますが、このパッケージに旅費は含まれていません。

皇帝の墓

「インラージ」の皇帝は「マチュ・キーラ」のお墓で埋まれています。大方の像は今も彼らの子孫に彼らの力を伝えています。
あなたもその一人になれます!
あなたの似顔になるように、一緒に像をデザインします。全てのプレイヤーはゲーム内そのお墓を探し出せます。さらに物語の部分にもなります。

皇帝の遺贈版
ゴルド版と以前にご紹介した内容のすべて含んでいます。

ストレッチ・ゴール

ここまでお伝えした内容以上にも色々用意しました!
目標の~$110,000 (100.000€)を超えた場合、さらにいくつかの素晴らしいおまけを入れたいと思います。 
最初に予定しているストレッチ・ゴールはこちら!

300k €にたどり着いた場合、さらにストレッチ・ゴールを共有いたします!

基本のストレッチゴール以外に、いくつかソーシャルのストレッチゴールも用意しました!現在の9匹にどの動物が次に追加されるか決めましょう!www.lostember.com/animals で参加しましょう!

 

なぜキックスタート?

キックスタートを使うと「クリエイティブ・コントロール」をしながら「ロスト・アンバー」の制作に必要なお金を集めます。
「クリエイティブ・コントロール」とは? これからも他の会社からの指定や決まりもなく、自由に制作できるということです。
とはいえ、$110,000 (100,000€)の目標にたどり着いても、まだ出版社などのご協力が必要です。ですが、目標のお金ではアルファ版まで完成できます。そのステップまで完成できれば、出版社に発売デットライン、追加のフィーチャーなどのお話できる立場になります。

 アルファ版以降のお金を集める自身があります。すでに「ロスト・アンバー」に興味ある出版社と会話しています。
そのため、キックスタートの$110,000 (100,000€)でゲームは完成できます。
出版社も必要のないレベルで自由に作れるには$390,000 (350.000€)の値段が必要になります。その金額を集めば、想像していることのすべてを「ロスト・アンバー」で実現できます。

なぜこんなにお金が必要だろうと思う方もいるかもしれません。事務所の家賃や社員の給料以外には税金、支払い方法もあります。そしてキックスタートは集めたお金の5%をもらっています。
見やすく説明できるためチャートを作りました。

 

リスクとチャレンジについて

以前にお伝えした通り、~$390,000 (350.000€)以下の金額の場合、出版社やIndieFundのようなパートナーの協力が必要です。
その協力を結局いただけない危険性が残っています。
ですが、すでに会話はしている上、優勝なキックスタートもできたところではかなり低い危険性です。
万が一、現在のような請負工事で資すことも可能です。
その場合制作期間が伸びる恐れがありますが、それとも「ロスト・アンバー」を完成させます。
別のリスクはリリースのデットラインとなります。2018年の早めリリースを予定していますが、ゲームリリースが遅れるケースもあります。